産業廃棄物となる樹皮を特殊加工しリサイクル利用した透水、保水、保温性に優れたバーク材「ひむかバーク」。
 芝生、クレー舗装、法面、園芸用の土地改良材基盤材にと様々な用途にご利用いただけます。
 従来のバーク材に比し、透水性保水性保温性クッション性とあらゆる面で優れた性能を有しますので、庭園、園芸用の基盤材等の用途にとどまらず、芝生の養生、グラウンドなどのクレー舗装法面への活用など、従来では応用しにくかった施工箇所にまで活用の範囲が広がります。
 「ひむかバーク」は、宮崎県森林組合連合会や宮崎大学や九州大学、北九州市立大学の教授、技術士数名(環境部門、建設部門など)、国交省OBや会計検査院OB、民間設計コンサルタントなど17団体、個人を発足当初の構成研究メンバーとした連携体により開発された「スギ樹皮のリサイクル製品の活用による緑化事業の創出」事業から生まれた製品です。
技術情報
「ひむかバーク」の主な用途別データ 06/03/25
このページでは、「クレー」・「芝生」・「法面」等の
「ひむかバーク使用土壌」土壌物理性試験結果 06/03/06
「ひむかバーク」について、(1)土壌三相分布、(2
林業副産物をリサイクル活用した土壌改良材(概要) 06/03/05
「ひむかバーク」開発の経緯を紹介します。
ひむかバーク I型・II型 のご紹介 06/03/05
「ひむかバーク」には法面の植生基盤材に適した「I型
開発技術工法の概要とコア技術の特徴 06/03/05
開発技術工法の概要 核となる技術は、産業廃棄物とな
  「技術情報」一覧(過去に掲載された分も含め「技術情報」を全てご覧いただけます)

活動報告
大会の模様が宮崎日日新聞に掲載されました 04/10/29
「地域循環ネットひむか」第一回大会の模様が2004
  「活動報告」一覧(過去に掲載された分も含め「活動報告」を全てご覧いただけます)